ドラムの叩き語り

先日出演したライブイベントに、ソロのアーティストが参加していてその内容がすごかったのでご紹介しようと思います。
彼はドラムの叩き語りミュージシャンで、ドラムだけで1時間の演奏をするのです。
もちろんオケを使って演奏するのですが、その音楽性がアートでした。

すべて自作のトラックで和風のイントロから始まるのですが、そのドラムがすごい!
和太鼓のように装飾されたツインバスドラの大きなドラムにパーカッションと名前のつくものすべてではないかと思わせるくらい180度にわたりジャラジャラと色んなパーカッションが並べられています。
コンガやボンゴなどの南国の打楽器もあればデジタルドラムパッドもあったり、シェイカーやギロ、鉄琴や効果音用の小細工道具までありとあらゆるものがおいてあります。
そしてバックには本物の和太鼓。

これ…セットだけで準備が大変なはず。
通りで転換に30分くらいは待たされた気がします。
しかし、ステージの幕が上がった瞬間、その姿形だけであっと言わせるものがあります。
こだわってるなーと言った感じです。
本当に好きじゃないとここまでのもの集める事できないし、ここまでのセットを毎回運ぶのも大変です。
それをたった一人でされているから脱帽ものです。

さて、肝心の音楽はと言うと、純和風のオリジナルトラックに乗せて、ドラムを叩きながら歌うと言う斬新なスタイル。
これも驚きでしたが、そのドラム捌きがすごい!!
トラックに合わせてドラムを叩くのって結構難しいと思うのですが、リズミックになりすぎず、ちゃんと感情移入して叩いているのがすごかったです。
トラックに合わせようとするとテンポを気にして一本調子になりがちですが、ちゃーんと感情のあるドラムの音がしていて、リズムは寸分も狂いません。

すごいなーと思ってあっけにとられていると、シーンと会場が静まりかえり急に無音に。
そしてドラマーは立って和太鼓を叩き始めました。
静かで微動だにしないない「静」の体制から和太鼓の力強い「動」の体制へシフト。
迫力のある和太鼓のサウンドにもやられました。
トータルしてよく演出されていると言うか、ワンステージを通して喜怒哀楽があり、アートしている感じがありました。
ここまでのものを作り上げるのは大変な苦労があったと思いますが、こういうアーティストこそ成功してもらいたいと、切に思いました。

貴重な日本ミツバチ

最近知り合った方から、日本ミツバチの蜂蜜をいただきました。
日本ミツバチのはちみつってとても貴重なものらしく、高級品なのだそうです。

特に今や世界的に蜜蜂が少なくなっている中で、
日本ミツバチも異変が起きているそうで、年々貴重価値はあがっているそう。
地球の異常か生態異常か…
世界的に蜜蜂が消えている傾向にあるそうで、蜜蜂が減少しているそうです。

ミツバチは花から花へと蜜を求めて飛び回ります。
その際足についた花の花粉が他の花に付着して「受粉」が起こり、
花は身をつけ種になってまた植物が生えると言った
生態系の仕組みになっている訳です。

要は「出産」のシステムを蜂が運んでいる訳。
だからこのミツバチが居なくなったら、植物の出産が減ると言う事。
それはちょっと恐ろしい気がします。
植物が減ると言う事は酸素が減ると言う事ですからね。
光合成をして、二酸化炭素を吸って酸素に変えてくれるのが緑の役割です。
その反対に人間は酸素を吸って二酸化炭素を吐き出します。
この二者卓越のバランスこそが地球の空気のバランスを整えているのです。
これが狂ってしまうと言う事は、人間にとっての「呼吸」に
異常をきたす事を意味するのです。これは恐ろしい。

蜂蜜屋さんは、それ以前にミツバチが居なくなったら職を失う事になるから、
そっちの方が怖いって笑っていました。
すごくこだわってピュアな蜂蜜を作っていらっしゃる方で、
私は生まれて初めて日本産のピュアな蜂蜜を食べてみて驚きました。
変な甘さが一切無いのです。そしてほのかにお花の香りがする。
体にすーっと馴染みます。

正直な所を言うと、これまで蜂蜜嫌いだった私。
しかしこのはちみつは「美味しい!」って思いました。
甘さが控えめでちょうど良く、自然な味。こだわりを感じました。
昔は薬としても使われていた「蜂蜜」。
傷の直りを早くしたり、体にもいいとされていますよね。
確かに、この蜂蜜なら体にも良さそうな気がします。
砂糖シロップのような蜂蜜が多い昨今、
これは本当の蜂蜜だと素人の私でも分かりました。

良薬口に苦しと言いますが、これは本当に美味しいから安心☆
日本蜂蜜ファンになりそうです。

蜂蜜と言えば、美容にもいいですよね。
リップクリーム・ハンドクリーム等蜂蜜は多く使われていますから。
そこで、私の所持している結婚式用のウィッグの毛先が
ボサボサになってしまったんです。そこで、蜂蜜を少しだけ、コンディショナー代わりにして
ケアしてみたらしっとり綺麗になりました!万能な蜂蜜、凄いです。

酵母を活性化中

天然酵母パンと言えば、どっしりと重たいパンというイメージがありませんか?
私のイメージはそうでした。
上手に作れるようになると、どっしりがモッチリに変わるんですけどね。

何度も泣かされた自家製酵母には、このどっしりが着いて回りました。
どんなに上手に焼けても、ドシッとしているのです。
その悩みから解消されたのは、あるパンブロガーの研究によるものでした。

酵母を活性化させることによって、自家製酵母特有の重さを軽くするという方法です。
インスタントドライイーストのようなふわふわは嫌だけど、
ドッシリすぎるのも嫌だというワガママな私は、とにかく試してみることにしました。

これは、その辺に転がっていた柑橘類を使っての活性化です。
季節によって果物は変わります。
その時手に入るもので。

普段は瓶の中で育てている酵母を、2週間に1度だけボウルに空けます。
酵母が盛んにぶくぶく言い出す量の果汁を絞って約1日置いておきます。
糖分を食べてどんどん泡立ってくるので、途中で何度かラップを開けながら。
泡立ちが落ち着いたら、いつものエサを与える要領で瓶に戻します。
ハチミツとモルトシロップを入れて。
グリーンレーズンは新しいものに変え、瓶の上に浮き上がってくるまで常温で発酵をさせます。
全部上がってきたら完了で、強い酵母に生まれ変わっています。

これをするようになってから、本当に軽さが出るようになりました。
繋いでいく中種には向かないとのことだったので、中種にする時は使い切りで使っています。
この方法を繰り返し、もうすぐ1年が経ちます。
ずっと育ってくれますように!

さて、そろそろ仕事の時間です。
最近文字起こしの仕事を始めました。
自宅でやってるんですけど、ギリギリにならないとやれないという
自分の性格をすっかり忘れていました。
でも主婦たるもの、時間に縛られずマイペースで仕事が出来るのはありがたいことです。

眠眠打破

ある日のこと、仕事がたまっていたので徹夜を決意!
普段はコーヒー一杯で徹夜出来る私ですが、その日は疲れも溜まっていたので
徹夜で頑張れるかどうか不安になった私。「リポビタン」を買いにコンビニへ。

そこで見つけた「眠眠打破」

“トライバーの方の眠気覚ましに”と言う謳い文句で、「目が覚める」と書いてあります。
「今はリポビタンよりもこっちかな」って思って、購入してみました!
家について早速開けてみると、プーンとコーヒーの匂いが漂った。
コーヒーが濃縮されたようなエキスでした!

これを飲み干すと「覚醒」したかのように眠気がぶっ飛び、朝まで順調に徹夜出来ました。
日が上ってからも、全く眠たくならず、その日の夜まで何の疲れも眠気もなく過ごせたので
「眠眠打破、これはスゴイ」と思って、徹夜の時はお世話になっていました。

そして、またある日…
眠眠打破のさらにスーパーバージョンアップドリンク「強強打破」を発見!
次の徹夜の際に買って飲んでみました。すると…効きすぎて眠れない。

必要以上に眠れなくなって、恐怖すら感じました。
もともとカフェインに免疫がない食生活だったから、人よりも効くのではないかとは思っていましたが、
徹夜から明けて次の夜になっても全然眠たくなくて…布団に入っても眠れない。

睡眠が大好きな私は、のび太君なみの寝付きの良さで、
これまで眠れないと言う悩みは一度もなかったし、睡眠の悩みなんて抱えたことありませんでした。

しかし、今回初めて自分が「眠れない」と言う体験をして、
睡眠障害の人達がどんなに辛い思いをしているのかが分かりました。
「もしかしたら、このままずっと眠れないのではないか」
「私も睡眠障害になるのではないか」
と不安になりましたが、強強打破の効果は三日続いたのち、元に戻りました。

あ~。よかった。

本当に「眠眠打破」「強強打破」の効き目には驚きました。
ここまで効くと、体への負担を考えてしまいます。
徹夜もほどほどにしなきゃね!

あ、さすがに強強打破はやめておいたほうがいいと思いますが
緊張しいの方は、いざってとき眠眠打破を飲むと良いかもしれない。
婚活パーティーとか、結婚式のスピーチとか。※あくまで個人的な感想です^^;

自分は割と緊張しいで、当日頭がぐるぐるして汗はだくだく。
何も口からでなくなるので・・・。頭がすっきりしていれば違うのかも。
新宿のお見合いパーティーで緊張しいのせいで
トラウマレベルの事があったので、眠眠打破でなくともいいけど、
なにか緊張を和らげるものないかな・・・

晴天と気温上昇の快適さ

うちには、水槽で飼っているタニシが沢山います。
 
全く興味はなかったのですが、
見ていると、このタニシは意外とよく動くのです。
水温を25度設定にすると、秒速1センチくらいの速さで移動するのです。
一時間後に見ても同じ場所にいるような生き物だとばかり思っていたので、
これには「おお」と思いました。
また、結構よく卵を産むらしく、
初めは水槽の壁に白い雨跡のようなものがあり、
汚れかと思っていたのですが、それがタニシの産卵だったらしいのです。
容赦なく、グッピーが食べてしまいましたが。
それでもグッピーのスキを縫うように、タニシは誕生します。
かなり小さいく、見つけると「あ」と思います。

今日は昼過ぎに雨が上がり、珍しく快晴になりました。
花粉症なので、普段部屋干しなのですが、
さすがに連日の部屋干しで疲弊してしまい、本日は外干しにしました。
雨の後なので、空気が澄んでいて、暖かくてとても気持ちがいいです。
 
寒いと足はいつも冷たいし、そのうち肩が凝ってきて、
背中全体がだるくなりしんどくなる、という悪循環もありません。
天気のおかげか暖かさのおかげか、その両方か、
本日は珍しく、色々な作業は効率よく進みます。

朝の食器洗い、洗濯、昨日部屋干ししてまだ乾いてない洗濯物を風呂場で乾燥。
掃除機をかける。乾いた洗濯物をまとめ、ベランダで洗濯物干し。
こうして並べてみると、全然大したことをしていないのですが、
毎朝かなりの眠さと寒さの中でどうにかこうにか動くと、
必ずこの作業の途中で脱線してしまうのです。
足が冷たくなったからと、暖かいカーペットの上に座り込んだり、
ちょっと読み掛けの本を開いたりして、時間ロスしてしまいます。
今日、その時間ロスがなかったのは、
やはり寒さによる冷えがなかったからだと思います。

タニシですら、気温25度なら秒速1センチで動けるのです。
最高気温18度になったお日様の出ている間、ヒトの体も動きやすくなるのでしょう。
何もしていないと、自分で時間ロスをしても気ばかり焦ってしまいますが、
今日はそれもありません。暖かさ、
晴れの日に感謝をして、穏やかな春をお迎えしたいと思います。